プレスリリース


円筒形をした金属タグ「メタルアタッチ® MA18」を発表



2014年1月27日

株式会社プロビデント(千葉県流山市)は本日、従来にない円筒形をした金属タグ「メタルアタッチ® MA81」を発表しました。

筒の中心部分が空洞となったRFIDタグで、網状の金属やケーブル、ワイヤなどさまざまな形状の金属製品に簡単に取り付けられます。

昨今、RFIDタグを使用して製品の管理業務の改善したいという顧客ニーズが顕著になってきています。しかし、金属製品にもさまざまな形状のものがあり、例えば、網台車やスチールケースなどの細い金属部分に簡単に取り付けられ、外れにくい金属タグといったニーズが増えてきています。

今回発表した「メタルアタッチ® MA18」は、インレイが内側の円筒形の樹脂と外側の樹脂の間に挟まれており、筒の中心部分は空洞となっています。この筒状の部分に結束バンドなどを通して、カゴ台車や網台車などの「空間」部分に取り付けたり、紐に通して使用したりすることができます。ケーブルやワイヤなどをそのまま通すことも可能です。また、耐環境性・耐衝撃性・耐薬品性にすぐれており、 環境の厳しい屋外においても活用できます。

「メタルアタッチ® MA18」の詳細はこちらからご確認ください。

サイトマップ