プレスリリース


高性能ワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」を発売

- 最長700mを無線伝送できる電池駆動型センサ -



2013年6月18日

株式会社プロビデント(千葉県流山市)は、長距離無線伝送が可能な電池駆動型の高性能ワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」を開発しました。

中継なしで700m(見通し)を伝送可能なワイアレス温湿度センサは初めて(当社比)です。この「Aシリーズ EM710」は、920MHz帯の無線通信技術、 および高性能温湿度センサモジュールを採用した、極めて高性能なワイアレス温湿度センサです。合わせて省電力化を実現することにより長時間の電池駆動を可能にしました。プロビデントでは、このワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」を、7月1日より販売・出荷します。

本ワイアレス温湿度センサの適用分野としては、定温・低湿度環境が求められる精密機械を生産する大規模製造工場や、流通倉庫、さらには最近急増してきた 植物工場や大規模ビニールハウス農業の分野などがあります。さらには、大量のITサーバを保有するデータセンタや省エネシステムのモニタリング用 センサとしてもお使い頂けます。

この「Aシリーズ EM710」は、電池駆動で配線が不要のため設置工事が簡単です。計測したい場所に取り付け、上位システムで端末IDを登録すれば即時計測を スタートできます。尚、上位には受信機「CR710」が必要です。この上位受信機「CR710」は、USBケーブルで簡単にPCに接続することができます。

また、高精度な温湿度データを取得できることはもちろんのこと、「フィルターカバーキャップ」を使用し、水・ダスト・ほこり・汚染からセンサ部分を 保護していますので、屋内外双方での使用が可能です。電池電圧情報を常時上位に送信していますので、電池交換の時期を把握し交換を促すことができ運用も安心です。

プロビデントでは、この高性能ワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」を、7月1日より販売・出荷いたします。

高性能ワイアレス温湿度センサ「Aシリーズ EM710」の詳細はこちらからご確認ください。

サイトマップ