プレスリリース


回収不要なアスリート用ナンバーカードタグ「アスリートアタッチ® AA05」を発表



2013年3月12日

株式会社プロビデント(千葉県流山市)は本日、マラソンなどのアスリート向けナンバーカード専用のRFIDタグラベル「アスリートアタッチ® AA05」を発表しました。

RFIDリーダシステムと一緒に利用することで、アスリートの走行タイムを計測することができ、安価で紙製のため「使い捨て運用」を可能とするUHF帯を利用したパッシブ型RFIDタグラベルです。

この「アスリートアタッチ® AA05」は、プロビデントの持つ特許を応用し、紙製ラベルの下部にミシン目(折線)とスリット(切り込み)をいれることで、単純な構造でありながらも、 強度を保ちながら自立する構造のRFIDタグラベルです。タグラベルが自立するため、水分の多い人体から影響を受けずに、ICチップ内のデータを読み取ることが可能です。

従来、ナンバーカード用のRFIDタグでは、人体からの影響なくデータを読み取るために高価なRFIDタグを使用していました。このため、タグを再利用することが求められ、レース終了後の回収作業が主催者やアスリートに大きな負担になっていました。またアスリートには、レース前にRFIDタグを靴ひもやタスキに結びつけるなど煩雑な作業がありました。

一方、プロビデントの 「アスリートアタッチ® AA05」はナンバーカードに貼り付けるだけで自立するため、人体からの影響なくデータを読み取ることができます。また安価な合成紙製であるため、回収する必要がありません。従来のさまざまな課題を解決する画期的なRFIDタグです。

この「アスリートアタッチ® AA05」を導入することにより、マラソンなどの主催者はタグコストを低減できるだけでなく、手間のかかるRFIDタグ回収作業などが不要になります。またアスリートの負担減をPRしたり、紙製のタグに広告を印刷することなども可能です。一方のアスリートにとっても、ナンバーカードに貼り付けるだけの簡単さや、タグ回収作業からの解放など、多くのメリットが見込まれます。

「アスリートアタッチ® AA05」の詳細はこちらからご確認ください。

サイトマップ